仕事と宇宙と釣りと音楽と日常


2020年10月23日(金) 02:35 JST

Unityの日本語化の方法

日常のできごと

この記事を見てUnityを日本語化しようと思った方は、自己責任で行ってください。

コンピューターやその他の装置、ソフトウエア等に影響を及ぼしても当方は一切関知しません。

Unityはゲームプログラミングに特化したツールです。

しかし、すべてが英語表記で分かりずらいところも多々あります。

そこで、日本語化しちゃおうってことで、一応覚書として記録しておきたいと思います。

なお、Unityのバージョンは  2018.4.12f1  です。

まずは日本語化にするためのファイル、”ja.po”をダウンロードします。

ダウンロードサイトは、

http://editor-localization.s3-website-ap-northeast-1.amazonaws.com/2018.1/ja.po

です。ただし、Windows用です。(windows10でしか試しておりません。)

次に、Unityのディレクトリーに移動します。(例:C:Program FilesUnityEditorData

その中に新しく、Localizationのディレクトリーを作り、そのディレクトリーの中に先ほどダウンロードしたJja.poファイルを移動またはコピーします。

(例:C:Program FilesUnityEditorDataLocalizationja.po)

コピー出来たら新規プロジェクトか既存のプロジェクトでUnityを立ち上げてください。

Editをクリックして、プルダウンメニューの中からPreferencesを選択してください。

Preferencesが開いたらLanguageを選択してください。

Editor Language(Experimental)にチェックしてください。

Editor LanguageのEnglishを選択しJapanese(Experimental)に変更してください。

以上が終わったらUnityを再起動してください。

これで日本語化の完了となります。

 

記事のオプション

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tomoro-guitar.com/trackback.php?id=20200713132709340

この記事にはトラックバック・コメントがありません。
Unityの日本語化の方法 | 0 コメント | アカウント登録
サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。