仕事と宇宙と釣りと音楽と日常


2020年4月 8日(水) 23:55 JST

印刷用ページ

EARTH

日常のできごと

  私たちが暮らす地球は太陽系に存在するのは周知の通りである。太陽系は天の川銀河の最も穏やかな場所に位置し、何億年をかけて一回りしている。さて、銀河円盤について簡単に説明するとその形状は棒渦巻き銀河に分類されることが最近わかってきた。

 また、誰もが考えるであろう銀河円盤の先端はレコードやCDの先端のように均一ではない。例えるならフキの葉のような形をしている。この中で太陽系は上下に揺られながら銀河をめぐっている。
 宇宙の物質のほとんどは現在間接的にしか観測できない暗黒物質(ダークマター)で構成されている。この中を旅する太陽系にはさまざまな試練が待ち受けている。
 ここ数年前から地球の自転速度が遅くなった。地質学者は地震の多発と火山の噴火が多くなることを情報として流した。が、多くの人は聞き入れなかったようだ。しかし、火山の噴火による犠牲者はここ10年では最悪である。
 地球にある物質のほとんどが地球でしか作れない。例えばアマゾンの森林は地球上の酸素の何割かわをつくっている。が、近年伐採が進み、年々伐採された土地が広がっている。
伐採された木のほとんどが紙になる。
だからここ数年森林破壊により酸素の生産量が落ち込んでいる。
 人の活動により生じた二酸化炭素は地球に蔓延し、その温室効果で海面温度が上がり大きな上昇気流が発生する。スーパー台風と呼ばれるものだ。
 考えてほしい、貯まったエネルギーを消費するのは、自然なのである。
 我々が出きることはできるだけ二酸化炭素の排出をさけること。
長周期の燃料(ガス・石油)はできるだけ使わないようにすること。
短周期の燃料、例えばトウモロコシから作ったアルコール、菜種油、等植物由来の燃料はいくら使っても構わない、なぜなら、それらが排出した二酸化炭素は一年~数十年で回収出きるから。もっと簡単に言えば植物由来の燃料から排出された二酸化炭素は排出した植物が回収して、育つから。
 あと、紙を使わないのがベターであると思う。ITがこれだけ発達したのだから。端末に直接送れば済むことである。
 地球は、太古より微妙なバランスの上に成り立つてきた。
 忘れないでほしい、地球は、(閉鎖生態系)だということを

こよみ

旧暦の計算はこちらから

旧暦カレンダーはこちらから

月齢カレンダーはこちらから

バーチャル今日の月はこちらから

各地の日の出(SR)日の入り(SS)時間(jst)はこちらから

日の出日の入りマップはこちらから

飛行経路

  飛行機の飛行経路のモニター

リアルタイム飛行経路のモニター

船舶航行状況

 リアルタイム船舶航行状況